ヤフオクでSONY純正レンズゲット!!

 15 Dec 2014 06:30:00 pm

 まだ12月中旬というのに日本列島は寒波に見舞われ、南国の四国で大雪で孤立集落が出る異常事態だ。雪国である山形市もこの時期にしては降雪が多く雪化粧の朝を迎える日が多い。


13日は志津のスノーシューパークのオープンだったが仏事があり行けなかった。雪が多いと火急以外の外出は機会が減ってくる。
 そうなるとネットサーフィンの時間が増える。NEX5でのタイムラプス用に広角レンズが欲しいと色々物色してみた。広角レンズは設計も難しく高価なのが通例だ。
 単眼の26mm、18mmクラスは中古でも軒並み10000円超の値がつく。そんな中で「商品は写真で判断して・詳細は無し、動作品」で「18〜55mmズーム、SONYのAマウントらしい、レンズキャップがKONIKA MINOLTA」3,000円スタートのオークションを見つけた。ちょっと賭けだったが他に入札者は無く、結局送料こみで4000円でゲット。
 受け取ってみるとまさしくSONY純正α用のAマウント、SAL1855、メーカーでは生産終了品だが新品価格は30,000円だった。中古だが程度も良好、レンズも奇麗、カビも無し。出品サイトを見ると古物商、やはり古物商は狙い目、掘り出し物が多い。
 入手して気づいたが、AFとMFの切り替えがレンズ側で出来るタイプ。最近のSONY製レンズはカメラ側での切り替えが多くレンズ側にはなく、NEX5の初期型はメニューに依存しているので非常に使いにくいのだ。(最新型やα系はボデイに切り替えボタンが付いているが・・・)
 AFは画像の明暗差、コントラストに依存するのでAFではフォーカスしない場合があり、手動で合わせる事もある。しかし、実際に使ってみると全てMFというのも煩わしい。経験的には、常時はAFで必要に応じてMFというのが理想だと思う。特に高齢になると尚更だ。



APS-Cサイズの18mmなので35mm換算で26mm程でかなり広角だが歪みも気にならない。

55mm、標準に近いレンジのボケ味も悪くない。

しばらくこれを常用にして使い込んでみよう。

カテゴリー : つぶやき | Posted By : bigm |

  ドアロック完成

 24 Nov 2014 11:10:00 pm

 最後まで残った「ドアロック」完成。一般的なドアでは開閉ノブはドア側にあるが、固定側に開閉ノブ・ロック機能を取り付けた。
ドア側はロック金具の入る穴があるだけ。
10mm、15cmのボルト以外はすべてドア部分の端材を流用。かなりうまく出来たと思う。これで風でバタバタいわずにすみそう。
見えにくいが、黒い部分はノブ。内、外双方から開閉できる。施錠はなし、あくまで雪対策。



ドア側の丸い穴にボルトが入りロックされる仕組み。カメラ位置の関係でズレて見えるがキチンと対向している。


今日も大分冷え込んだようだ。昼前に着いたが日陰の草は霜で真っ白だった。

カテゴリー : つぶやき | Posted By : bigm |

  大井沢・冬支度2

 22 Nov 2014 05:10:00 pm

 好天が続いて冬支度には好都合と昨日から再び大井沢。冬支度は家屋だけじゃない。国道も前の県道も「除雪用」の路肩ポールが設置された。高さは2m強位か。



定番の桧原の橋から見る月山。裾野までかなり雪で覆われてきた。

水道の凍結防止、露出していた屋内への引き込み部分に追加作業。そして入口に扉を取り付け完了。来る度に工具を忘れてしまい扉のロック機構は次回に持ち越し。波板はお隣の解体家屋の廃材を頂き、利用したので穴の部分はツギハギで覆う。冬季だけなのでこれで十分。

陽が落ちて、夕焼けでも撮ろうと散策したがあまり好い色にならない。飛行機雲が二本・・・。一本は夕陽を浴びて光って見えるがもう一本は高度差なのか、影の部分なのか光らず黒く見える・・。


夜は冷えた。さすが大井沢。翌朝は霜が降りてバリバリでした。霜も映像的には面白い。普通の草や葉があっという間に幻想的な画に変身する。


キッチンから見える近くの雑木林も、葉が落ちて好い感じに・・。

カテゴリー : つぶやき | Posted By : bigm |

  大井沢・冬支度

 18 Nov 2014 08:35:00 pm

 先日、志津には結構な積雪があったのでそろそろ冬支度を急がないと・・と思いつつようやくタイヤも交換したので、17日泊まり込みで大井沢に出かけた。大井沢も志津には及ばないが本格的な冬には積雪が3mにもなる豪雪地だ、
 目的は、壊れている水道凍結防止カバーの補修設置、ガスボンベの雪囲い、入口を冬季バージョンに・・・。それとHPを管理しているまいづるやさんの不調気味ライブカメラの調整。
 作業は結構大変で、入口の扉の取り付けが残ってしまった。まあこれは屋内に近いので、まだ余裕だが・・。
 初日は、入口に雪よけに扉を取り付ける前作業とボンベの雪囲いの設置で日が暮れた。夜は博物園から移設したライブカメラの取り付け場所の移動、雪囲いで視界が遮られるのと月山が杉の木に隠れるので別の場所に移動した。ここからは前の建物の屋根越しに月山がばっちり見える筈・・・。囲いを少し切り取って視界を確保した。カメラはこんな感じで月山方向を狙う・・。



 18日。今日は朝一で志津に・・。まいづるやさんのカメラの調整。電源まわりを整理して完了。ついでにキチンと水平もとる。
 大井沢に戻る前に県道を登ってみた。旧112号の分岐点まで除雪してあり、その先は20cm程の積雪があった。何故か自衛隊の車両・・・。さすがに先には入らないようだ。


 途中の弓張はまだ雪が残っているが標高が低い分少ない。


 午後は大井沢に戻り水道の凍結防止カバーの取り付けと入口の前作業の残り・・。予想外にうまく取り付けが終わった。


 上の写真、茶色のポリカの部分が取り付けた部分、開いている部分には扉が着く。冬季専用、雪の吹き込みを防ぐのが目的なので完璧で無くとも良い。枠を作って波板を貼れば終わりだ。とは言え。開閉とロック機能を旨く考えねば・・・。

カテゴリー : つぶやき | Posted By : bigm |

  忘れた三脚は見当たらず

 01 Jul 2014 11:00:00 pm

 今日、7月1日は月山開山祭だったが、お天気もパッとしなかったので登山は諦め大井沢へ。というのは、確証はないが愛用の三脚を桧原でヒメシジミの撮影に使ったまま忘れてきたようで見当たらない。桧原のポイント、普通は人が入る場所でもないので残っているだろうと探しに出かけた。ところが、ゲートから奥が綺麗に下刈りされ、人の入った形跡が・・。最後に撮ったのは桑の実、確か脚を外して手持ちで撮った記憶があるのだがその場所には無い。蝶のポイントまで行ってみたが無い。あちゃ〜・・諦めるにはもったいないが・・・。このところ物忘れが多い。
 撮影に気を取られてついついが多くなった。気をつけなければ・・。
 時間的に遅くなったが大井沢自然博物館の自然観察区、通称、カッチャバの湿地へ行ってみた。遅かったためかトンボもあまり見当たらなかったが、唯一の収穫はこのトンボ。
 多分、さなえの仲間だろう。体長は4cm程。見つけたときはイトトンボかと思うほど小型だった。名前は追々調べてみよう。

カテゴリー : つぶやき | Posted By : bigm |



ページ: 1 2 3 4 Next
Sep 2017 10月 2017 Nov 2017
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリー

リーセント

アーカイブ

ユーザーリスト

検索