我が家のさくら・・

 16 Apr 2012 12:52:35 pm

 咲きました。我が家の「さくら」・・。
 昨日あたりまから、そろそろかなと観ていましたが今朝、見つけました。
 まだ5〜6輪ですが薄いピンク色の花が開いていました。つぼみの色が濃いピンクなので花の色はちょっと意外に薄く感じます。市内の公園の桜に比較して4〜5日はやいので今週末は山形市内も開花宣言でしょう。

カテゴリー : 風物詩 | Posted By : bigm |

  冬芽を観察に

 14 Apr 2012 12:02:47 am

 5月に葉を茂らせる樹木たちが冬の寒さに耐え、そろそろ花芽や葉芽などが膨らんでくる時期・・ということで博物園の森に観察に出かけた。スッキリと晴れ渡り勇んで出かけたが風が凄い。体感温度が下がり、好天の割にはかなり寒く感じた。
 ネイチャーセンターの駐車場も除雪が終わったが、雪の壁が凄い。さらに豪雪の影響で屋根の一部がひどく壊れていた。オープンまでに修復できるだろうか。
 駐車場には先客で県外ナンバーの車が数台あったがトレースは見当たらなかった。
 いつものコース、人口林から展望地に登ると朝日連峰がキラキラ光って見えた。この展望が気に入っており、お天気の時は眺望を楽しみながらここで昼食することがが多い。
 この時期はまだまだ雪が多く、樹木も4m位は埋もれているので高い位置の花芽や葉芽が手軽に観察できる。夏のイメージから色々廻ってみたが、低木が殆ど見当たらない。オオカメノキ、タムシバなどが見つけられない。おそらくまだ雪の下なのだろう。高木の冬芽は観察できたが、ブナ等は気持ち、遅れている様に感じた。かなり歩いたが花芽を持つ混芽は見つけられなかった。今年も凶作だろうか・・。
 サワグルミは芽鱗が落ちて裸芽が露出し、白く光って見える。
 湧水の近く、元玄海の沢付近を歩いていると野兎が飛び出した。足跡を追ってみると、大トチのあたりを周回して元の場所に戻っていたが姿を見る事は出来なかった。

カテゴリー : 風物詩 | Posted By : bigm |

  気づかぬうちに・・

 11 Apr 2012 11:07:33 am

 めったにない豪雪が降り積った冬もようやく終わったと思ったら、爆弾低気圧やらが再び寒気を連れ込み、つい先週も雪がちらつきなかなか春が来ない・・・。と思っていたら気づかぬうちに庭の片隅に福寿草がひっそり開花していました。


 マンサクやレンギョウも・・・・


 そして、我が家自慢の早咲きの桜のつぼみもずいぶん膨らんでいた。普通のヨメイヨシノに較べて1週間は早く開花する。鶴岡の実家から枝分けし移植したもの。

カテゴリー : 風物詩 | Posted By : bigm |

  月山夏スキーオープン

 11 Apr 2012 12:21:30 am

 月山スキー場がオープンした。昨年は震災の影響でオープンが下旬の28日にずれ込んだが、今年は例年にない豪雪にも関わらず、例年通りの10日にオープンした。
 2日に撮影した時は、ようやく中間ぐらいを作業中、回転するローター部分も埋もれたままだった。その後も日本海で発達した爆弾低気圧の影響で猛吹雪の上、かなり新雪が降ったりオープンが心配される程だった。
 今日の月山はまたとない好天、まさに雲一つない快晴だった。県道も今日から、夜間を除き通行が可能になった。とは言え今朝の冷え込みで途中の日陰部分はまだ凍結が見られた。当分は夜間、7時以降は通行止めになる。
オープニングセレモニーの後、リフトで上駅に上がったが風が冷たく、さすがに標高1500mを実感した。
 この季節にして珍しい程良く晴れた月山、多くのスキーヤーやスノーボーダーが眺望を堪能しながらの滑走を楽しんでいた。月山は残雪を見ながら、7月いっぱいの滑走が可能、6月中旬になると雪渓を越えての花のシーズンが始まる。ようやくシーズンイン、冬季の運動不足でついてしまったメタボ贅肉を落とさなければ・・。


 

カテゴリー : 風物詩 | Posted By : bigm |

  月山ペアリフト堀出し作業

 02 Apr 2012 10:46:49 pm

天気予報が全国的に穏やかに晴れ・・とのことだったのでHP用の写真と動画の撮影を思い立ち、ちょっと出遅れたが志津にでかけた。 
県道の除雪は終わっているが、一般車両の通行はまだ出来ず、志津駐車場から歩いて姥沢を目指す。車なら15分程だが、撮影しながらの歩きでは2時間近くかかった。
今年の雪ははんぱなく多いと感じていたが、やはり多い。駐車場を出てすぐのあたりで回廊の壁は4mはあるかな。


風も冷たく、気温も低くとけた雪がつららになっていた。

例年、最も高くなる雪の壁も今年はさらに迫力がある。おまけに除雪後も新雪が降り、吹雪いたようでセッピが張り出していた。


今日の目標はここ姥沢。10日にオープンするスキー場のリフトの堀り出し作業の撮影。下駅ではまだ鉄塔の先が見える程度、地上からは8mくらいはあるのか?

上駅に近い方が風で雪が飛ばされるので積雪は少ないようだ。中間付近では鉄塔の掘り出しが急ピッチで行われていた。

スキーヤーの宿泊や食事を担うロッジも掘り出されて、準備が進められていた。2階の屋根付近まで雪があるので7mくらいだろうか。


それにしても風が冷たい。このあたりの標高は1200mくらいか。除雪した駐車場には50cmほどの新雪が積もっていた。遥かに見える森林限界付近のブナ林には霧氷がとけずに残っていた。素手ではかじかむ冷たさだったのでおそらくまだ氷点下の気温だろうか。登りの歩いている時は汗ばむほどだったが、下りは汗もでない。ふくらはぎが張ってきた感じがする。機材諸々背負っての往復12キロ・・まだ体力的にはイケそう。

カテゴリー : 風物詩 | Posted By : bigm |



ページ: Prev 1 2 3 ...55 56 57 Next
Apr 2018 5月 2018 Jun 2018
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリー

リーセント

アーカイブ

ユーザーリスト

検索