梅雨の晴れ間に・・7月の月山へ

 13 Jul 2016 04:00:00 pm

 気がつけば7月最初の更新になる。月初めは博物園のガイド。
 梅雨時はやはり雨の日が多く足止めを食らう日が多い。それでも晴れ間の空いた日は弓張の畑の除草や追肥などそこそこ動き回っていた。畑のキタアカリは順調に育ちアンデスレッドも花をつけ始めた。





今年から直蒔きに変えた枝豆もすっかり本葉がでてきた。今年は収穫まで行けるかも。


中旬に種を蒔く予定のダイコン・・畝を作りマルチをかけて準備中。


 11日は定期検診、7年程前に循環器系の治療暦があり、以来投薬継続の定期検診の中で年に一度は血液検査がある。その検査の数値が出てその結果今回初めて血糖値が上昇傾向にあるとの指摘があった。このところ体重が増え気味だな・・との自覚があり、お腹周りが気になっていたのでショック・・。運動はドンドンやるべしとの事・・。
 と言う訳ではないが運動量を増やそうと、梅雨の晴れ間、月山に花チェックに出かけた。

 リフト下の沢の雪は完全に無い。

リフト下のニッコウキスゲの群生が凄い・・。

途中にも色々と花を楽しめる。


姥ケ岳中腹の雪渓はすっかり後退して、もうスキーは無理。

リフト上駅・・朝日連峰が見えていた。

姥ケ岳山頂までの登山道は全く雪渓なし・・。一月前の6月10日に登った際にはリフトを降りたほぼ下から上まで雪渓の連続直登だったのに・・雪の消え方にビックリだ。


出発が例によって遅く、姥ケ岳山頂に着いたのがもう正午を回っていた。
定番の花々も咲きそろってきましたが、例年に比べて、ニッコウキスゲがやや多いような・・。コバイケイソウは一株だけ見つけたが・・今年はハズレかも。
















他にはハクサンシャクナゲがやけに目につく。姥の山頂や金姥へ向かう木道近辺にも。自分の中ではここまで多いのは初めての事。高山植物は厳しい自然環境の下、咲き方は毎年違うのでこれが普通なのかも知れない・・。



姥山頂は平日にもかかわらず大勢の登山者が昼食中・・。少し先の金姥まで移動して遅めの昼食・・。金姥から柴灯森の尾根道はいまが旬のお花畑。





柴灯森の尾根道は雪渓が後退したばかり・・チングルマやヒナザクラ、コイワカガミなどの花が咲き競う。






牛首までは小さな雪渓が数カ所あるのみ。



牛首から下道を下山。例年残る長い雪渓も今年は30mほど。アイゼンは持参していたが装着するまでもなく安全に下れた。好い汗をたっぷりかいた半日登山だった。

カテゴリー : 風物詩 | Posted By : bigm |