スライダーのレール部加工と動画バージョン

 29 Dec 2012 10:00:00 pm

 樹脂ベアリングと角パイプがマッチングし、旨く機能する事が判ったのでパイプの支持について改良してみた。
 自分の撮影は殆どが森や登山道などで平らな部分は少ないのでレールの支持は三点支持にした。もちろん、平らな場所では水平を維持出来る。
 またレールとなるパイプは約1mの棒状・・フィールドに持ち出して使うので以前から登山用のステッキと兼用する事で機材が増えるのを押さえてきた。
 今回は更にパイプの中にステッキの伸縮部を組み込む事も出来た。最大伸長で135cmになり、リフトアップの際にも有効になる。またトップに1/4Wのネジを捩じ込めば一脚の機能も持たせられれる。




 例えば、今回テストしたリフトアップは柱を樹木に見立てれば、森の中でも面白い画が撮れそう。リフトアップは必ずしも垂直である必要もないし、スライダーの設置も水平である必要も無い。要は自在クランプなどを利用してカメラが水平を維持できれば良いのだ。



このセットアップで撮影した動画がこれ・・・。

カテゴリー : 撮影機材とDIY | Posted By : bigm |

  カメラスライダーが超進化・・・・。

 27 Dec 2012 11:30:00 pm

 昨シーズンに自作したカメラスライダー、レールを丸パイプから角パイプに替え、フィールドでも使用したがまだまだ不満が多すぎた。心臓部の車輪に小玉ベアリング(金属)を使用していたが、動きを滑らかにしようと接触部に遊びを取ると微妙なガタが発生、このガタで大事な時にズレたり、走行音が大きいなどで改善を考えていた。
 これが前のバージョン。電動部分は不満が多く使う機会は少なくお蔵入りしていた。


 そこで、ベアリングを樹脂製に変えてみようと部材を物色中にぴったりのものが見つけた。U字溝が切ってある特殊なもので、小玉ほど滑らかではないが、微妙な粘りある。この樹脂ベアリングの本来の用途は「事務机の引き出しのレール用」らしい。確かに引き出しの動きは滑らかだったがレールに乗る構造だ。

 このU字溝を利用して角パイプを挟み込む構造にしてみると全体にシンプルになり、再現性も抜群に好い。角パイプとの接触もあつらえたようにぴったりだ。心配な脱線もない。かなり力を入れても外れることもない。樹脂なので接触による走行音も低い。好い事ずくめだ。価格も一個100円を切る。

 電動化も同時に行った。駆動モーターはロボット用の直流ギアドモーターを採用。STL JAPAN製の栄42シリーズ(5000円弱)で回転数が15〜50rpmを選んだ。定格は5Vで、単三1本(1.5V)でも使えたがトルクが弱かったので単三2本にした。大きさは驚く程小さい。単三電池の半分くらいだ。回転軸に模型用のゴムタイヤを直結したが旨く滑らかに動く。90cmのパイプを約20秒で動くが残念ながらスピードは固定で電圧を上げれば早くなる。

裏側から見ると・・・構造はシンプル。ベアリングの間隔が重要でパイプとの接触をみながらの調整になる。

後日、撮影した動画をアップ予定。

カテゴリー : 撮影機材とDIY | Posted By : bigm |

  ようやく終了・・

 24 Dec 2012 10:00:00 am

 随分と更新に間が開いた。編集に時間がかかりなかなか端末が開かない日が続いた・・。
 今月2日にカメラを6台セットして撮影したコンサートの編集作業が昨日で終了・・。無事クリスマス前に発送できた。マルチカム編集は楽しいけど・・時間がかかる。
 特に今回は、カメラ間の色合わせに苦労した。ミサ曲だったので舞台衣装が黒・・。僅かなずれでも黒は微妙に赤っぽく見えたり、緑っぽく見えたり・・。気になると余計に過敏に感じて何度かやり直した。
 それに今回は顔の白トビが目立った。撮影時の露光オーバーは修正にも限度があるし、照明にも左右されるので難しい。・・何度撮っても反省点は多い。付属の小さな液晶モニタでは気づきにくいので、調整用に現場に持ち込める外部モニタが必要になりそうだ。やはり少し押さえ気味に撮って補正する方が正しいのか。
 それにしてもこうした素材がないと実際に編集テクニックを磨く機会は無い。使ってみると編集ソフトの機能は凄いものがあると実感する。改めてFCPは凄いソフトだ・・。
 
 さて・・いよいよ年賀状にとりかかるとしよう・・。

カテゴリー : つぶやき | Posted By : bigm |

  山形市内も真っ白に・・・・。

 09 Dec 2012 11:00:00 pm

 今年は季節の移ろいが微妙に変だと思っていたが雪の到来もちょっと早いという印象だ。
 昨年の冬は積雪が多く、植物の開花も遅れ、昆虫の出現も微妙にずれ込んだり自然界にも異変が多く見られた。秋の紅葉も遅れ、しかもその見頃が長く続いた。おかげで絶景を長く楽しめたが・・。
 庭先のモミジの紅葉がつい先日から散り始め、落葉掃きが大変と書いたが、これも随分と遅れている。バラが未だに花を咲かせ、ちょっともったいないと思ううちに剪定時期を見誤ってしまった。
 そんな中での雪・・。日中も降り続き15cmほど積もっただろうか。12月上旬にこの雪はちょっと意外だった。
 昨日撮影で訪ねた月山山麓の大井沢や志津はもう1mを越えたと言うが・・。



 長引いた秋も重なって面白い映像が撮れた。雪の早い山里では普通に見れる風景だけど・・我が家の庭先で見れるとは・・・。


 雪かきをした落葉したモミジが・・。


こうした映像ももっと後、12月下旬頃の筈なのだが・・。

カテゴリー : 風物詩 | Posted By : bigm |

  大井沢で楮の皮むき・・・・。

 08 Dec 2012 11:30:00 pm

 夏から撮影を続けている紙漉きの行程・・。今日は先週刈り取った楮の枝を熱湯で蒸かし、樹皮を剥ぎ取り和紙の原料を取り出す作業行程を撮影したきた。
 場所は大井沢の匠の伝承館・・。ここにも紙漉きを行う器具が全て揃っている。刈り取った楮の枝を釜で高温に炊いた蒸気で蒸し、柔らかくなったところで、皮を剥いて行く作業だ。
 この日も地区の方々の他、大江町からもアオソを復活させる会のメンバー、芸工大の方々が応援にきていた。
 



 剥ぎ取った樹皮はこの後、寒風にさらし、皮取りという最後の作業が残っている。紙漉きでは外側の皮は使わず、その中の内皮を使う。その行程を撮影し最後になる。


 それにしても大井沢は名だたる豪雪地帯、おまけに低気圧が通過中で荒れた天気・・まさに真冬の天候・・今シーズン初の雪道ドライブはえらい日にあたってしまった。
 国道112号は前日、坂道でトラックがスリップし交通止めになったばかり・・。間沢から先は除雪はしているとはいえ圧雪状態・・。国道を降りて大井沢に向かう県道は道幅も狭くなり不安の連続だった・・。それに駐車場に車を入れるにも一苦労・・。まだ序の口という事なもだが・・。

カテゴリー : 風物詩 | Posted By : bigm |



ページ: 1 2 Next
Nov 2012 12月 2012 Jan 2013
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

カテゴリー

リーセント

アーカイブ

ユーザーリスト

検索